薄毛の改善と遺伝の関係

前頭部は薄毛になりやすい場所

AGA(男性型脱毛症)は生え際の後退から始まると言われており、AGAの典型的な症状の一つです。
更に生え際のある前頭部は血流が悪くなりやすかったり、皮脂が溜まりやすいなど薄毛になりやすい条件が揃った場所です。

 

また生活習慣の乱れやストレス、ヘアケア方法の間違いなど生え際が後退する様々な原因が考えられますが遺伝もその一つです。
両親がはげていたり、祖父母がはげていると高い確率で遺伝すると言われています。
細かく言えばAGAが遺伝するのではなく、AGAを起こす男性ホルモンが分泌されやすい体質が遺伝するということです。

 

そのため病院の治療や市販の育毛剤を使ってその男性ホルモンの分泌を抑制するための対策をすること、そして生え際の後退を進行、つまり抜け毛を進行させる要因となる生活習慣を改善することが重要になってきます。

薄毛が気になるなら睡眠をしっかりとる

まずはタバコやお酒の飲み過ぎを改善し、睡眠不足を解消するなどの生活習慣を改めることを心掛けなければなりません。
そしてシャンプーの際には皮脂を落とし過ぎないように優しい洗浄力のシャンプーを利用し、汚れを揉みだすイメージで洗いましょう。

 

「遺伝だからしょうがない」と諦めていた人でもこれらの対策で症状を改善できる可能性は十分にあるのです。

薄毛を改善する効果が期待できる育毛剤の成分

育毛剤とシャンプーを選ぶ際は成分をチェック

薄毛に悩んでいる人が育毛剤シャンプーを選ぶ際、まずは含まれている成分に注目してみてください。
生え際の後退、つまりこれ以上の抜け毛の進行をストップさせる効果が期待できる成分はいくつかあります。

 

抜け毛が進行する原因は頭皮が汚れて毛穴が詰まり髪まで栄養が行き渡らなくなること、もしくは頭皮の血行不良が考えられます。
毛穴を詰まらせる原因は皮脂やシャンプーの洗い残し、ヘアスタイリング剤の場合もあります。
皮脂を洗い流しすぎると頭皮を乾燥させてしまうため、必要以上に洗い流しすぎないように「アミノ酸」が含まれた優しい洗浄力のシャンプーでマッサージしながら洗うことが重要です。

サプリメントで補える成分もある

次に血行不良を改善するための成分にはセンブリエキス、ニンニクエキス、イチョウ葉エキスなどいくつもあります。
サプリメントに含まれているカプサイシンやイソフラボンも有効です。
一方でこれらの成分は利用者する人の体質によってはアレルギーなどの副作用を起こすことがあるので思い当たる人は注意が必要です。

 

もちろんこれらの成分が含まれた育毛剤やシャンプーを使っても生活習慣が乱れていては効果が半減しますので生活習慣の改善も行いましょう。